ワーキングホリデーがオーストラリアに集中している理由は?

オーストラリアへのワーキングホリデーで、ビザの申請者数は年々増え続けています。

人気の理由はどこにあるのか、ポイントをお話しします。

◎30年の実績の中で相互の環境も整備。

ワーキングホリデーの希望者がオーストラリアに集中している理由はいくつかあります。

まず考えられるのは、ワーキングホリデー制度がいちばん最初に結ばれたのがオーストラリアで、締結から35年以上の歴史があります。

これを皮切りにして現在ではヨーロッパ各国とワーキングホリデーの制度が結ばれるようになりました。

日本とオーストラリアの人たちは、このワーキングホリデー制度を使って古くから友好を結んでおり、制度開始が早かった分だけ、相互間の環境が整っています。

◎アルバイト先に困らない、治安がいい。

たとえば滞在中のアルバイト先に困らないことや、ビザ申請が簡単に行えることと、発給数に制限が設けられていないことなどです。

他の国は年間の発給数に限りがあるため、日本から行こうと思っても定員数が満杯で行けないこともあります。

その他、気候が温暖であることや治安が良いこと、親日国であることなど理由はいろいろあります。

ワーキングホリデーでなくても日本からオーストラリアへの観光客は非常に多く、帰国した人たちから伝え聞いた評判の良さも、人気につながっていると思います。

安心してワーキングホリデーを満喫できる国です。

◎ただしオーストラリアへのワーキングホリデー申請には年齢制限があります。

誰でも使える制度ではないので注意しましょう。

ワーキングホリデーのビザ申請は18才から30才までだったと思います。

誕生日が起算月になっていますので日程には気をつけて下さい。

オーストラリアへのワーキングホリデー、留学を専門としたエージェント(URL:https://www.aicjapan.jp/)がありますので、そうした機関を利用し、相談をしながら手続きをすすめるといいでしょう。

最長4ヶ月間をオーストラリアでアルバイトをしながら過ごすことができますよ。

ワーキングホリデーがオーストラリアに集中している理由は? はコメントを受け付けていません。